Anycaを利用する際にシェアされないと副業として成り立ちません。

今回はAnycaでシェアされるコツをいくつかご紹介いたします!

紹介文を充実させる

借りる側の目線で考えた時に説明文が少なく、写真も少ない場合、
「大丈夫かな?」と思い、借りるのを躊躇するかと思います。

説明文はできるだけ細かく記載し、こだわりのポイントや
アピールポイントも書くようにしましょう!

また、その車を買った理由も合わせて入れるとより効果的です。

例えばですが「オープンカーで風を感じたかった」などの理由をかけば
乗った際のイメージがしやすく、借りたいという欲求を高めてくれます。

単に目的地にいくために車を借りるというよりは、非日常感などを楽しむ目的の人もいるため、
同じ車種でも借り手が多い人と少ない人がいるのは、このようなポイントも関わっています。

オーナーの写真も笑顔で優しそうな印象のものを選ぶようにしましょう!

誰も怖そうな人からは借りたくありませんので。

最大走行距離制限を長くする

Anyca内で最大走行距離制限を200kmに設定している車が多い中で、
400kmや500kmなど長めに設定すると有利です。

ユーザーの心理になって考えると分かりますが、
「あと○○kmしか走れない」と思いながら走行するよりも
余分に距離がある方が安心して運転できます。

このことからもできるだけ、長めに設定することをおススメいたします。

返却場所の工夫

返却場所の地図を印刷し、赤丸をつけておいたり、
メインの受渡場所以外の駅や空港などを登録できるフリーデリバリーの登録をすることで
ユーザーが迷わずに返却することがでいます。

オーナーアピールも導入

シェアが入っていない期間にドライバーに対してアピール可能な
機能「オーナーアピール」も積極的に使っていきましょう。

通勤時間や昼休憩時間、帰宅時間などスマートフォンを開く人が多い時間帯に
使うとより効果的です

お得感を演出

毎日の金額を一定にするのではなく、
2日目は5,000円割引にするなど、大幅な割引を行うことで、
数日間の借り手が得られ、収入も大きく増やすことができるようになります。

いかがでしたでしょうか?

色々と工夫してエニカで稼いでいきましょう!

アプリの登録時に上記の招待コード【 CarGift 】を入力すれば、クルマを借りる時に2,500円割引になります。

また、クルマを貸す場合は、Anycaのプラットフォーム利用料(売り上げの10%)が1ヶ月無料になります。

登録方法は、こちらの、登録方法とお得な招待コードについての記事をどうぞ。